学生の子供にクレジットカードを持たす親が多い?

大人の多くがクレカを持ち歩いていますが、現在では学生でも持ち歩いている人が多くなっています。
近年では学生専用のクレジットカードも出てきていますから、申し込んでいる人も多くなっているのでしょう。年会費も無料となっていることが多いですし、利用限度額も低めになっているため使いやすいのが特徴です。未成年の場合は親の同意が必要になりますが、20歳を超えている大学生は親の同意が不要なので申し込みやすいです。実は、近年では自分の子供にクレジットカードを持たせているという親が多くなっているみたいです。どうして子供にクレジットカードを持たす親が多くなっているのかというと、その理由はバラバラです。学生である子供が持ちたいという場合もあるようですが、やはり半数以上は親が持たせているとのデータも取れています。


なぜ子供にクレジットカードを持たす?

どうして自分の子供にクレカを持たすのか、その気持ちを理解することが出来ないという人もいるでしょう。
クレジットカードは使い方を間違ってしまうと請求額も大変なことになりますし、その責任を子供が取れなくなってしまったら親がその責任をとることになりますからリスクも大きいはず。それでも子供に持たせるのは、子供が実家を離れて遠い場所で一人暮らしを始めるから、という理由が多いのです。一人暮らしを離れてすると金銭面で困った時、すぐ対処することが難しいためクレジットカードを利用するみたいです。中には、親名義のクレジットカードを子供に持たせて使わせているという人も。しかし、その使い方は禁止されているので、やはり子供名義で発行する方が良いです。学生に持たせている親は「学校生活はなにかとお金がかかるから」という理由から持たせているようです。やはり、親としては心配だからこそ持たせているのですね。


社会勉強も兼ねて

子供に持たせている親の中には、早くからクレカを使い慣れてほしいと考えている親もいるみたいです。
クレジットカードは今後様々な場所で利用できるようになりますから、出来るだけ使い方を知ってほしいという気持ちは理解できます。けれど、大学生に持たすというのはどうなのでしょう。賛否両論あるとは思いますが、自分が親だった場合子供に持たせるのかどうか悩んでしまうものです。現在では学生向けのクレジットカードもありますから、その中から使いやすいものを比較して選び抜いて持たせる方が安心かもしれません。クレカの比較サイトには詳細について多く掲載されていますので、一緒に見てみるのが良いでしょう。家族ですから、そこはしっかり話し合って決めるのが良いですよ。そして、何か家族間でのルールを設けておくことで、さらに安心して子供に持たせることが出来るのではないでしょうか。


内緒でクレジットカードを発行することは出来ますか?

今はあちこちで利用できるようになっているクレカですが、中にはまだ持っていない人も多くいます。
これから持ちたいと考えている人もいれば、配偶者などに反対されて持つことが出来ないという人もいます。金融業者のカードは相手に内緒で発行してもらう事が出来ますが、クレジットカードは可能なのでしょうか。クレカの発行も内緒でしようと思えば内緒で発行してもらう事は可能です。しかし、そのためにはいくつか気を付けなければならないこともあります。その点をしっかり守ることが出来れば、内緒で発行して利用することが出来ます。気を付けたいのは、クレジットカードのデザインです。いかにもクレカだとわかってしまうようなものだとばれてしまいますから、TSUTAYAのカードと共通して利用できるようなカードがおすすめです。比較サイトにもそのようなカードが沢山ありますから、是非確認してみて下さい。


内緒でクレジットカードは作れる!

金融機関でカードを発行してもらう際には、家族や配偶者には内緒にしてほしいと告げることで配慮してくれるようになっています。
クレジットカードの発行ではそのようなことを伝えてもあまり意味はないので、申し込み方や申し込みカードを慎重に選ぶ事が重要になってくるのです。一番良いのは、きちんと相手と相談をして承諾してもらってから発行してもらう事です。けれど、それが難しいから内緒でクレジットカードを発行したいという人が多いのです。申し込み方などに気を付けることが出来れば、内緒で発行することが可能なので、心配ありません。もう一つ注意したいのは、利用明細書です。何も設定していないと自宅に郵送されているシステムになっていますから、利用明細書の確認はメールにしてもらうようにしましょう


困るならやめておくべき

配偶者や家族にばれてしまうのが怖い、知られると困ってしまうという事であれば発行はやめた方が良いです。
クレジットカードを発行してその利用がばれてしまった時に、場合によっては離婚など突きつけられてしまうこともあります。そのようなことを恐れている人の場合は、内緒でクレジットカードを発行してもらうのは避けた方が良いです。そういう時は、きちんとクレカを持ち歩きたいという事を伝えて承諾を得て、それから発行した方が無難です。反対されてしまうかもしれなくてもちゃんと伝えることが大事です。それでも相手が嫌な顔をするようなら、内緒で手続きを行うのも選択肢の一つかもしれません。後悔しないように、申し込むときは今後どうなるのか考えてから行動を起こすようにしてみてはいかがでしょうか。また、クレジットカード会社のスタッフに一度相談してみるというのも良いかもしれませんね。