クレジットカードって本人以外が利用した場合どうなってしまう?

現在では持ち歩いている人が多いと言われているクレジットカードですが、使い方を誤ってしまうと厄介です。
現金の代わりになるものなので非常に便利な存在ではあるものの、使い方を間違ってしまうと人生を狂わせてしまうほどの力を持っています。実際、クレジットカードを使い過ぎてしまった人の中には、その支払いが出来なくなってしまって債務整理を行う羽目になったという人もいれば、自己破産することになってしまったという人もいます。便利なものだからこそ、やはりどのようにクレジットカードと付き合っていくべきなのかきちんと考える必要があるのですね。そもそも、クレジットカードは本人以外が利用してしまった場合、その支払い義務は一体誰に生じるものなのか、皆さんはご存知でしょうか?


クレジットカードは契約者に支払い義務が生じる

クレカの支払い義務は契約している人に生じます。
これは、消費者金融などの金融機関と同様ですが、最近では自分ではなく別人がクレジットカードを使ってしまったという問題が起きています。例えば、親のクレジットカードを子供が勝手に利用していた、親が自分名義ではなく子供の名義でカードを発行して利用していたなど。そういった問題が多くなっているのです。基本的には契約している本人が支払う事になるため、子供が親のクレジットカードを使ってしまった場合でも、その支払いは親がすることになります。保管の仕方に問題があったのではないか、などという点も大事になってきます。そして、親が子供の名義でカードを発行して利用していたとなれば、支払い義務はその親に生じることになります。自分の名義を勝手に使用されていたことを知らない場合は、支払い義務が生じることはありません。ただ、それを立証することが極めて難しく、そう言った問題は出来るだけ専門家に相談して解決した方が良いですね。


保険が適用されることもあります

他人が利用した場合は上記のような対応で良いのですが、盗難に遭ってしまった場合はどうなるのでしょうか。
例えば、どこかでクレジットカードを落としてしまった、カバンを盗まれてその中にクレカも一緒に入れてしまっていたとか。そのような場合は、直ちにクレジットカードの使用を停止して手続きを行う事になります。勝手にクレジットカードを使用されて請求額が発生していても、クレカには保険がありますのでそちらの手続きを行ないます。もちろん、保険が適用されれば支払う必要はないのでその点は安心して大丈夫です。保険金額はそのクレカによって異なってくるものなので、事前によく比較してから決めることをおすすめします。詳しい事を知りたい場合は、直接お問い合わせにて質問するのが良いと思います。

おすすめ比較サイト→クレジットカード最新人気ランキング